宮近整形グループ採用情報サイト

グループの仲間紹介 デイサービススタッフ

デイサービススタッフインタビューNo.2

介護福祉士 南 甲子

Q:介護福祉士を職業に選んだ理由はなんですか?


A:私は都市部から離れた場所で育ちました。家ではいわゆる「おじいちゃん おばあちゃん子」な環境で、住んでいた地域も高齢の方が多かったです。学校でのボランティア活動で老人ホームのお掃除や交流会、文通などもしていましたし、そういった環境で育ってきた流れから自然と介護福祉士になった、というのが正直なところです。高齢の方と接するのは私にとってはごく普通のことであり、好きなことでもあるからというのも理由かもしれません。


Q:以前は入居型介護施設で勤務されていたとのことですが、現在のデイサービスの業務と違いはありますか?


A:入居型はその施設に住んで生活されるわけですから、起床から就寝までと、まさにその人の生活を見る形になります。デイサービスの業務はご利用者様たちにデイサービスの場に来所していただいて、限られた時間内にサービスを提供し、みんなで過ごしていただくという形になります。なので関わる「時間」の性質が違うところ、になるのではないでしょうか。あとは感覚的ではありますが、ご利用者様も、自宅での自分と学校での自分の違いに似ていると思います。自宅で家族に見せる顔と、学校で先生や学友に見せる顔は個人差はあれど、多少異なっていますよね。これに近いものがあると思います。

介護福祉士 南 甲子


介護福祉士 南 甲子

Q:デイサービスにおける自分の役割は何だと思いますか?


A:ご利用者様たちの自律、社会参加をテーマにしたクラブ活動やイベントをどのように進めていくか考えたり、職員の役割分担を決めてみんなでどのように実行していくかを介護の専門職としての視点を活かして参加することです。


Q:デイサービス業務でのやりがい、魅力はなんですか?


A:私にとってはやはりご利用者様たちとのコミュニケーションですね。イベントを行なう上でも事前にご利用者の皆様、職員一緒に練習して、その集大成を本番で見るととても感動します。そのときに見られるご利用者様たちの笑顔もとてもいいです。このあたりが魅力ですね。また、デイサービスは「みんなの場」ですので、独居の方、配偶者を亡くされた方、同年代の方と接する機会が少ない方など様々な方に、元気になるきっかけになってもらえればうれしいですね。介護をされているご家族様にもレスパイトケアの一環として役立てていただき、家族としての良好な関係につなげてもらえたらと思います。

介護福祉士 南 甲子


介護福祉士 南 甲子

Q:デイサービス業務での目標はなんですか?


実は私はイベント事を催すのが苦手なのです。今まで催事に関わってきたことがあまりないので、企画力などが弱いです。ですが、デイサービスのご利用者様たちの笑顔や元気につなげたいと思いますので自分なりに関わっていきたいというのが目標です。


Q:デイサービスの仕事を考えている方へのメッセージをお願いします。


A:デイサービスの仕事は、利用される方が高齢の方=人生の先輩方なので、教わることがとても多いです。生活訓練を行なうにあたっても、料理でこうすると香りが引き立つよ、とか、手芸の技術であったり。また、イベント事などを催したりもするので元気な職員が多いですね。高齢の方と接するのは好きだけど、私のようにイベント事は苦手・・・といった人もいざやってみると自分の新しい可能性を見つけられるかもしれませんね。

介護福祉士 南 甲子



< NEXT > < PREV > < グループの仲間 > < スタッフ募集 >

Copyright © 2017 MIYACHIKA SEIKEI GROUP. All Rights Reserved